DESIGN COMPUTING CRAFT
Trial Reading

試し読み:「クリティカル/スペキュラティヴ・デザインは、日本においていかにして可能なのか?」 座談会 vol.01 | 水野大二郎×太田知也×岡田栄造×長谷川愛×岩渕正樹

『クリティカル・デザインとはなにか?:問いと物語を構築するためのデザイン理論入門』より、巻末に日本語版付録として所収した監訳者とゲストを交えた座談会を一部公開します。vol.01は、本書がクリティカル/スペキュラティヴ・デザインをどのようにまとめているかについて、監訳者の...

2019.12.27

Trial Reading

試し読み:『行政とデザイン』序文とイントロダクション

2019年7月に刊行した書籍『行政とデザイン 公共セクターに変化をもたらすデザイン思考の使い方』をご紹介します。
「また随分ニッチな本を出しましたね〜」と周りからちょいちょい言われましたが、はたしてそうでしょうか。私たち〈デザインの徒〉においては、向き合うべきテーマ...

2019.11.13

Trial Reading

『3D表現で拡がるグラフィックデザイン』から勝手にデザイナーを紹介したい

「3D」という言葉を聞くと、90年代くらいのポリゴンの少ないキャラクターが思い浮かびます。初代Play Stationのゲームのような、ちょっとレトロで、どこか未来的な触覚のあるグラフィックです。(世代だからでしょうか...)

2019.09.03

Trial Reading

『SPECULATIONS』 刊行によせて (川崎和也)

7月に上梓した『SPECULATIONS:人間中心主義のデザインをこえて』の代表編著者・川崎和也さんより、刊行によせたテキストをいただきましたので公開いたします。ぜひご一読ください。

2019.08.19

Trial Reading

新刊紹介 『SPECULATIONS:人間中心主義のデザインをこえて』 (試し読みアリ)

7月25日に、『SPECULATIONS:人間中心主義のデザインをこえて』を刊行しました。本書は、現在の世界においてデザインに何が求められているのか、またいかなるデザインのあり方が可能なのかを、「デザインリサーチ」と呼ばれる領域を軸に探求するデザイン書です。

2019.07.26

Trial Reading

アイデアが閃くとき/『遊び心のあるデザイン ─視線を勝ち取る「ウィット」なアイデア』

2018年12月に刊行した書籍『A Smile in the Mind: Witty Thinking in Graphic Design/遊び心のあるデザイン ─視線を勝ち取る「ウィット」なアイデア』を紹介します。

2019.06.21

Trial Reading

試し読み:『スペキュラティヴ・デザイン』日本語版序文

2015年11月に刊行した書籍『スペキュラティヴ・デザイン』をご紹介します。着々と売れ続け、このたび重版4刷の運びとなりました。

2019.04.23

Trial Reading

試し読み:“クソ野郎にならずによい仕事をする方法”

4月12日に刊行する書籍『クリエイティブな仕事をしている君へ。今日からはじめるワーク・シフト:クソ野郎にならずによい仕事をする方法』を紹介します。

2019.04.11

Trial Reading

試し読み:記憶に残るデザイン/『遊び心のあるデザイン ─視線を勝ち取る「ウィット」なアイデア』

デザインの良質なアイデアソースを求めている方へ。
前回に引き続き、2018年12月に刊行した書籍『A Smile in the Mind: Witty Thinking in Graphic Design/遊び心のあるデザイン ─視線を勝ち取る「ウィット」なアイデア』を紹介します。

2019.03.27

Trial Reading

試し読み:デザイナーへ贈る「ウィット」な思考/『遊び心のあるデザイン ─視線を勝ち取る「ウィット」なアイデア』

そもそも「ウィット」って何? なんとなくは分かるけど……という方へ。
2018年12月に刊行した書籍『A Smile in the Mind: Witty Thinking in Graphic Design/遊び心のあるデザイン ─視線を勝ち取る「ウィット」なアイデア』を紹介します。

2019.02.13

最初 12347最後
  • 一覧へ
  • Category:
  • Diary (18)
  • Book Review (2)
  • Column (10)
  • Report (11)
  • Trial Reading (24)
  • Archive:
  • Search (Articles) :