DESIGN COMPUTING CRAFT

Final Cut Pro X テクニックブック

プロが教えるワンランク上の映像・動画づくり

映像編集の奥義を詰め込んだ、実践の書

Appleの映像編集ソフトFinal Cut Pro Xは年々ユーザー数を増やし、今では非プロの動画制作で最もよく使われるツールのひとつとなっています。本書は、そんなFinal Cutの基礎を理解している一般ユーザーに向けて、映像のクオリティをワンランクアップさせるためのプロのワザを伝授する一冊です。バージョンアップのたびにますます編集をしやすいつくりになっているFinal Cut は、ユーチューバーやブイチューバー、またゲーム実況、あるいはブライダルシーンでの利用も増えています。

Chapter 1 ベーシック編集テクニック
Chapter 2 エフェクト・トランジションを使ったテクニック
Chapter 3 魅惑のタイトルテクニック
Chapter 4 カラーグレーディングで映像をリッチに仕上げる
Chapter 5 自信が持てるサウンドテクニック
Chapter 6 ハードウェアを使いこなそう
Chapter 7 設定編

ISBN:978-4-8025-1155-1
定価:本体3,400円+税
仕様:B5判変型/360ページ

発売日:2019年12月23日

著者:加納 真
編集:ピーチプレス
デザイン:VAriant Design(オガワヒロシ)

作例ムービー

著者プロフィール

加納 真
日本大学芸術学部映画学科卒、映像ディレクター。株式会社スター・ゲイト取締役。
東京・下北沢を拠点に企業VP、PV、CM、TV番組などを制作・演出。映像作品「ボーカロイド™ オペラ 葵上 with 文楽人形」(2014年)は国内シアターのほか、ロンドン(ハイパージャパン2014)、モスクワ(HINODE2016)などの日本紹介イベントで上映された。また「デジタルコンテンツEXPO2014」においても上映され、ボーカロイドと文楽とのコラボレーションをテーマにしたコンテンツとして話題になった。最近では「そんらぶ!」や「初音ミクシンフォニー」など、ボーカロイドを軸にイベント映像の制作にも携わっている。
著書:『Final Cut Pro Xガイドブック』『iMovie ガイドブック』(ビー・エヌ・エヌ新社)、『はじめてのMovie Pro MX3』(三才ブックス)等。
Twitter : @kano_shin

目次

Chapter 1 ベーシック編集テクニック
1-1 Final Cut Pro Xのワークスペース
1-2 ライブラリ使いこなしテクニック
1-3 ストーリーラインを使った編集テクニック
1-4 サクサク編集テクニック ─その1
1-5 サクサク編集テクニック ─その2
1-6 ミュージックビデオの編集テクニック
1-7 CM・ドラマを作るじっくり編集テクニック

Chapter 2 エフェクト・トランジションを使ったテクニック
2-1 時間を操る「リタイミング」
2-2 レイヤーを使った表現テクニック
2-3 「キーフレーム」でモーションを作成する
2-4 マルチレイヤーでトランジションを作成する
2-5 エフェクトを使いこなす
2-6 「手ぶれ補正」を活用する
2-7 「マスク」で画面を切り取る
2-8 「キーヤー」でクロマキー合成を行う
2-9 トランジションを活用する

Chapter 3 魅惑のタイトルテクニック
3-1 タイトルの作成
3-2 文字を引き立てるテクニック
3-3 Keynoteで表現の幅を広げる
3-4 Motionで機能を拡張する

Chapter 4 色を操って映像をリッチに仕上げる
4-1 色調整の基礎知識と基本操作
4-2 HDR素材の取り扱い

Chapter 5 自信が持てるサウンドテクニック
5-1 「ミキシング」で音質を上げる
5-2 「マスタリング」で音を仕上げる

Chapter 6 ハードウェアを使いこなす
6-1 ストレージを増設して容量不足を解消する
6-2 eGPUでグラフィック処理を向上させる
6-3 外部モニター、スピーカー用に入出力インターフェイスを使う

Chapter 7 Final Cut Pro Xの環境設定とプロジェクト設定
7-1 Final Cut Pro Xの環境設定
7-2 プロジェクトの設定から学ぶ映像フォーマット

Final Cut Pro X テクニックブック
プロが教えるワンランク上の映像・動画づくり

ISBN:978-4-8025-1155-1
定価:本体3,400円+税
仕様:B5判変型/360ページ

発売日:2019年12月23日

著者:加納 真
編集:ピーチプレス
デザイン:VAriant Design(オガワヒロシ)

 

関連書籍
カテゴリー