本をさがす・検索する
キーワードからさがす:
DESIGN COMPUTING CRAFT

動機のデザイン

現場の人とデザイナーがいっしょに歩む共創のプロセス

現場の当事者が主体者に変わるためのプロセスモデルを全解説

変化の激しい時代において「デザイン」は、専門家だけで進めるものではなくなってきています。著者は、長年にわたりデザイナーとして参画した地場産業や地域振興など「小さな現場」の仕事で、より本質的で力強い成果につなげようと模索する中から、このことを実感してきました。

「小さな現場」でデザインが求められるのは、変化が求められるときです。それには従来の、専門家による「カタチのデザイン」と、カタチの軸となる「価値のデザイン」だけでは不十分だと著者は考えました。個人事業主や地域コミュニティのメンバーなど、すべての現場の担い手がデザインを専門家任せにせず、共に参加し「自分ごと」にできれば、状況は大きく変わるのではないでしょうか。現場の当事者がデザインの「主体者」となることでデザインが活き、現場が活き、その総体として企業や地域に持続的な活気が生まれます。

本書は、すべての「小さな現場」に向けて、当事者の内にある「動機」を引き出す「動機のデザイン」について、ステップごとに詳しく紹介し、それぞれの現場で活かしてもらうことを目指します。

ISBN:978-4-8025-1232-9
定価:本体2,400円+税
仕様:A5判/272ページ

発売日:2022年06月15日

著者:由井真波
デザイン:sukku

著者プロフィール

由井真波(よしい まなみ)
デザイナー、プランナー。総合デザイン事務所 株式会社GK京都を経て、1996年有限会社リンク・コミュニティデザイン研究所(LINK)を開設。「当事者を主体者に変える 動機のデザインとプロセスモデル」により、特定非営利活動法人人間中心設計推進機構のHCD-Net AWARD 2019最優秀賞を受賞。二級建築士。

関連リンク

本書特設サイト
https://douki-no-design.jp/

目次

はじめに

第1章 なぜ「動機のデザイン」なのか
小さな現場での仕事から/「専門家としてのデザイナー」の功罪/デザインの現場は、共創の中にある/人の動き方が変わると、状況が変わる

エピソード01 観光・まちづくりの取り組み

第2章 3つめのデザイン「動機」 ーカタチと価値を支えるデザイン
デザイン全体の見取リ図 ーデザインの本当の力を活用してもらうために/デザインという取リ組みの全体像 ー3つのデザイン/「動機のデザイン」とは?

エピソード02 地域密着型の書店としての魅力づくり

第3章 5ステップで進める動機のデザイン ー実践のポイント
プロセスから見る動機のデザイン/ステップ1 内外を観察する/ステップ2 現場を共有し、課題を設定する/ステップ3 仮説を立てる/ステップ4 自作して試してみる/ステップ5 結果を点検し、次へつなげる/1周を完走した当事者が、「主体者」となって次のサイクルへ踏み出す

実践事例 老舗和菓子店の取り組み

第4章 動機のデザインのリアリティ ー動き続ける現場から
実際はささやかなことの積み重ね/現実の仕事の中で進める難しさ/実践の場でのデザイナーの役割/進めていく中で気にかけていること/そして変化を起こせるように

第5章 「動機のデザイン」の先にあるもの ーデザインプロセスに表れる志向性
「動機のデザイン」のわかりづらさ/「動機のデザイン」を言葉にして/「動機のデザイン」は工学ではない/専門デザイナーと「実質デザイナー」/当事者の動きを誘発するデザイン/主体者が増えれば、クリエイティブ総量が増える/動機のデザインと学びの場

あとがき

動機のデザイン
現場の人とデザイナーがいっしょに歩む共創のプロセス

ISBN:978-4-8025-1232-9
定価:本体2,400円+税
仕様:A5判/272ページ

発売日:2022年06月15日

著者:由井真波
デザイン:sukku

 

関連書籍
カテゴリー
keywords