DESIGN COMPUTING CRAFT

Research & Design Method Index

リサーチデザイン、新・100の法則

本書は、『Universal Principles of Design(邦題:Design Rule Index -デザイン、新・100の法則)』最新作で、ユニバーサルデザイン(人間中心デザイン:UD)のために必要な、リサーチ手法や、分析テクニックなどを100個紹介する本です。前作同様、見開きの構成で豊富にビジュアルを用い、さまざまな学問の領域を横断する内容となっています。また、それぞれの手法やテクニックは、デザインのどの段階で用いるべきものなのかや、それぞれが持つ特徴についても5つの側面にわけ、一目でわかるよう紹介しました。

ISBN:978-4-86100-821-4
定価:本体4,000円+税
仕様:254×216mm/208ページ

発売日:2013年02月25日

著者:Bella Martin、Bruce Hanington
翻訳:郷司陽子
監修:小野健太

目次

A/Bテスト
AEIOU(アエイオウ)
親和図法
アーティファクト(人工物)分析
オートメーテッド・リモート・リサーチ(自動遠隔調査)
行動マッピング
ボディストーミング 
ブレインストーミング用グラフィック・オーガナイザー
ビジネスオリガミ
カードソーティング
ケーススタディ
認知地図
認知的ウォークスルー
コラージュ
競合テスト
概念地図(コンセプトマップ)
コンテンツ分析
コンテンツの棚卸(インベントリー)と検品(オーディット)
コンテクスチュアル・デザイン
コンテクスチュアル・インクワイアリー(文脈的調査)
クリエイティブ・キット
クリティカル・インシデント(キーとなる事象)法
クラウドソーシング
カルチュラル・プローブ(文化観測)
カスタマー・エクスペリエンス調査
デザイン・シャレット
デザイン・エスノグラフィ
デザイン・ワークショップ
望ましさ(ディザイラビリティ)テスト
ダイアリー・スタディ(日記調査)
ディレクテッド・ストーリーテリング
エリート・メソッド
人間工学的解析(エルゴノミクス・アナリシス)
エバリュエーション・リサーチ(評価調査)
エビデンス・ベースド・デザイン(根拠に基づくデザイン)
エクスペリエンス・プロトタイプ
経験サンプリング(経験抽出)法
実験
探索型リサーチ
アイトラッキング
フレキシブル・モデリング(組立式モデリング)
フライ・オン・ザ・ウォール(壁のハエ)観察法
フォーカス・グループ
ジェネレーティブ・リサーチ(創造型調査)
グラフィティ・ウォール(落書き板)
ヒューリスティック評価
イメージボード
インタビュー
KJ法
狩野分析法
重要業績評価指標(KPI)
ラダリング(梯子のぼり)法
文献レビュー
ラブレター&ブレークアップレター法
メンタル・モデル・ダイアグラム
マインドマップ
観察(オブザベーション)法
並行プロトタイピング
参与観察(参加型オブザベーション)
参加型アクション・リサーチ(PAR)
参加型デザイン
パーソナル・インベントリー(個人の持ち物の棚卸)
ペルソナ
フォト・スタディ
ピクチャー・カード
プロトタイピング
アンケート調査(質問紙法)
高速反復テスト評価手法(RITE)
モデレート(管理者介在)型遠隔調査
リサーチ・スルー・デザイン(デザイン活動を通じた調査)
ロールプレイング(役割演技法)
シナリオ記述スイムレーン
シナリオ
二次資料調査
SD(セマンティック・ディファレンシャル)法
シャドーイング
シミュレーション・エクササイズ
サイト内検索分析
スピード・デート法
ステークホルダー・マップ
ステークホルダー・ウォークスルー
ストーリーボード
サーベイ
タスク分析
テリトリー・マップ
テーマ・ネットワーク図
プロトコル分析(思考発話法)
適時(タイミング意識型)調査
タッチストーン・ツアー
トライアド(三つ組)法
トライアンギュレーション
非影響測定法
ユーザビリティ・レポート
ユーザビリティ・テスト
ユーザー・ジャーニー・マップ
バリュー・オポチュニティ・アナリシス(価値創造機会分析)
Web分析
重み付け評価法(ウェイト・マトリクス)
オズの魔法使い
ワード・クラウド

Research & Design Method Index
リサーチデザイン、新・100の法則

ISBN:978-4-86100-821-4
定価:本体4,000円+税
仕様:254×216mm/208ページ

発売日:2013年02月25日

著者:Bella Martin、Bruce Hanington
翻訳:郷司陽子
監修:小野健太

 

関連書籍
カテゴリー