DESIGN COMPUTING CRAFT

ロードアイランド・スクール・オブ・デザインに学ぶ
クリティカル・メイキングの授業

アート思考+デザイン思考が導く、批判的ものづくり

Airbnbの創設者をはじめ、様々なビジネス領域で数多くのイノベーターを輩出した「美大のハーバード」、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインでは、どのような教育が行われているのか?
変化し続ける世界を生き抜くために必要な能力を育む、RISD教育のエッセンスを凝縮した一冊。


アメリカ最高峰の美術大学であるロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(通称RISD[リズディ])は、テクノロジーの発達に伴い今後ますます重要だと考えられている4つの分野、「Science(科学)」「Technology(技術)」「Engineering(工学)」「Mathematics(数学)」に「Art(芸術)」を加えた「STEAM」の教育において、指導的な役割を担っています。その教育概念の中核である「クリティカル・メイキング(批判的ものづくり)」の実践は、問題解決としてのデザイン思考に、問題提起としてのアート思考を加えることで、学生たちに多様で難解な課題を乗り越えさせようとするものです。本書では、RISDの各学科の教職員が、「クリティカル・メイキング」を軸としながら、それぞれの教育内容やそれを通して得たことについて語っています。柔軟で応用可能性をもったデザイン&アート教育の現場を覗き見ることで、読者は、創造の限りない可能性、ものづくりの意義、本当のイノベーションについての理解を深め、自身の取り組みに活かすことができるでしょう。デザインやアートに携わる人だけではなく、一般教育の関係者や人材開発系の方々にも、ぜひお読みいただきたい一冊です。


【監訳者のことば】以下よりお読みいただけます↓
『あいまいさを抱えながら進む — 美術教育の普遍性』
久保田晃弘

ISBN:978-4-8025-1063-9
定価:本体3,000円+税
仕様:A5判/288ページ

発売日:2017年07月26日

編著:ロザンヌ・サマーソン
序文:ジョン・マエダ
監訳:久保田晃弘
翻訳:大野千鶴
デザイン:waonica

目次

序文 | ジョン・マエダ
はじめに | フランク・R・ウィルソン
イントロダクション:クリティカル・メイキングの技芸 | ロザンヌ・サマーソン

基礎固め | レスリー・ハースト
テクストとコンテクスト:外部のあらゆる方向へ | ダニエル・カヴィッキ
討論:ドローイング | パトリシア・C・フィリップス
シングキング | ジョン・ダニガン
実物教育(オブジェクト・レッスン) | サラ・ガンズ・ブライス
討論:素材 | ケリー・ドブソン
グラフィックデザイン、ストーリーテリング、意味の形成 | ルシンダ・ヒッチコック
自然の要請 | ニール・オーバーストロム
討論:批評 | エバ・サットン
未知なるものへの行動 | プラディープ・シャーマ

おわりに | マーラ・L・ヘルマーノ

脚注
謝辞
執筆者プロフィール
図版クレジット
索引

ロードアイランド・スクール・オブ・デザインに学ぶ
クリティカル・メイキングの授業

アート思考+デザイン思考が導く、批判的ものづくり

ISBN:978-4-8025-1063-9
定価:本体3,000円+税
仕様:A5判/288ページ

発売日:2017年07月26日

編著:ロザンヌ・サマーソン
序文:ジョン・マエダ
監訳:久保田晃弘
翻訳:大野千鶴
デザイン:waonica

 

関連書籍
カテゴリー