DESIGN COMPUTING CRAFT

ART SCIENCE IS.

アートサイエンスが導く世界の変容

アートとサイエンス。一見まったく異なる領域に存ると思われるこの2つが出会うとき、私たちがこれまで想像してこなかった新たな未来への視界が拓かれます。

本書は、アートとサイエンス、その両者を行き来し、どちらにも属しつついずれにも収まりきらない活動を続ける先駆者たちの取り組みと声をまとめた、このシーンの全体像と最前線を展望できる一冊です。メディアアート、バイオテクノロジー、人工知能/人工生命、ロボティクス、VR/ARなど注目すべき作品を紹介しながら、実践者たちのクリティカルな視点を編むことで、アートサイエンスの意義と可能性に迫ります。

アートサイエンスとは、社会のあり方や私たち人間の認識を変容させる運動そのものであると言えます。世界の不確実性がますます高まる現在、手垢のついた「未来」を突破し、その先のまだ見ぬユートピアを探求しようとするすべての人にお届けします。

ISBN:978-4-8025-1114-8
定価:本体2000円+税
仕様:B5判変型/168ページ

発売日:2018年08月24日

編著:塚田有那
企画:大阪芸術大学アートサイエンス学科
デザイン:加藤賢策・北岡誠吾(LABORATORIES)

著者プロフィール

塚田有那 
Arina Tsukada

編集者、キュレーター。大阪芸術大学アートサイエンス学科メディア『Bound Baw』編集長。想像力を拡張し、ビジョンを現実世界に実装するアート・教育・思考実験のプラットフォーム一般社団法人Whole Universe代表理事。サウンドアーティストevalaのプロジェクト「See by Your Ears」のディレクターとして、音のもつ価値をアップデートする活動を展開する。2010年、サイエンスと異分野をつなぐプロジェクト「SYNAPSE」を若手研究者と共に始動。2012年より、東京エレクトロン「solaé art gallery project」のアートキュレーターを務める。過去の編著に『メディア芸術アーカイブス』『インタラクション・デザイン』(ビー・エヌ・エヌ新社)ほか、編集・執筆歴も多数。

目次

CHAPTER 1 WHAT IS ART SCIENCE?
アートサイエンスとは何か?
現在進行系のアートサイエンス/バイアスを乗り越え、複数の地図を持て/アートサイエンスの起源と欲望/AI時代にはじまる、 機械と人間の新たな共生関係/一歩先の時代に問いかけるアルスエレクトロニカ/アートサイエンスが街を育む/アンチ・ ディシプリナリー主義のMITメディアラボ/「最先端」を脱し、10億年先の未来へ/世界のアートサイエンス機関

CHAPTER 2 ART SCIENCE NOW
アートサイエンスの現在
データから見える新たな風景とは ?/生命・人間をハック&更新する/異質な知能と生命のゆくえ/リアリティはどこまで拡張できるか/アルゴリズムから立ち上がる気配/ART+COM ユッシ・アンジェスレヴァに聞く、アートとテクノロジーの美しき関係

CHAPTER 3 DIALOGUE FOR ART SCIENCE
アートサイエンスをめぐる対話
アートサイエンスの思考が未来をつくる/アート、ロボティクス、クリエイティブ─各界の先駆者が語るアートサイエンスを学ぶとは?

CHAPTER 4 WHAT IS ART SCIENCE FOR YOU?
あなたにとってアートサイエンスとは?
長谷川愛/AKI INOMATA/久保田晃弘/脇田玲/林千晶/真鍋大度/ダヴィッド・ルテリエ/デヴィッド・オライリー/ドミニク・チェン/やくしまるえつこ/evala/フィオレンツォ・ガッリ/小川秀明/岩崎秀雄/山峰潤也/ユッシ・アンジェスレヴァ/阿部一直/若林恵/千房けん輔/江渡浩一郎/橋本幸士/平原真/メモ・アクテン/マイケル・ドーザー/畠中実/岡瑞起/原野守弘/宇川直宏/藤井直敬/ロバート・ヘンケ/松岡正剛/福原志保/中川志信/菅野創/ステラーク/池上高志/トーマス・トゥウェイツ/ティボー・バリント/トゥーリ・ウトリアイネン/やんツー/筧康明/落合陽一/ユンチュル・キム/田中ゆり/ザック・リバーマン

ART SCIENCE IS.
アートサイエンスが導く世界の変容

ISBN:978-4-8025-1114-8
定価:本体2000円+税
仕様:B5判変型/168ページ

発売日:2018年08月24日

編著:塚田有那
企画:大阪芸術大学アートサイエンス学科
デザイン:加藤賢策・北岡誠吾(LABORATORIES)

 

関連書籍
カテゴリー