DESIGN COMPUTING CRAFT

Algorithmic Design with Houdini

Houdiniではじめる自然現象のデザイン

自然が創り出す美しい模様や動きをアルゴリズムで生成する!

本書は、映画やゲームを中心とする3DCG領域でますます注目を集めているソフトウェア「Houdini」を用いて、自然界に見られる魅力的な現象を生成するデザインレシピ集です。【Houdini 17.5 完全対応! 】

フラクタル構造、シマウマ模様(反応拡散系)、鳥や魚の群れ(群知能)、霜や雪の結晶......
合計16種類にも及ぶ形状や現象の背後ではたらくしくみ(アルゴリズム)を説明し、それをどのようにHoudiniで再現・生成できるかについてステップ・バイ・ステップで解説します。
各事例の制作を通して、アルゴリズミック・デザインの考え方と作り方を同時に学ぶことができます。

Houdiniを実務で使用している方も、趣味で使用している方も、この本でHoudiniの新たな活用方法を体得しましょう。

ISBN:978-4-8025-1102-5
定価:本体3,900円+税
仕様:B5判/320ページ

発売日:2019年04月24日

著者:堀川淳一郎
デザイン:松川祐子

著者プロフィール

堀川淳一郎(ほりかわ・じゅんいちろう)
明治大学大学院建築学修了後、米コロンビア大学AAD を修了。その後建築設計事務所のNoiz Architects で建築設計と建築やプロダクト、インスタレーションのアルゴリズミック・デザインやデザイン支援ツール制作などに携わる。2014年に石津優子氏とOrangeJellies というユニットを結成。現在は建築系プログラマーとして個人で活動中。プログラミングを介した建築やプロダクトのバーチャル、フィジカルを問わない造形デザイン・シミュレーションを中心に、プラットフォームを問わないソフトウェア開発等を行なっている。株式会社gluon のテクニカルディレクターを兼任。東京藝術大学と早稲田大学で非常勤講師として教えている。著書に『Parametric Design with Grasshopper—建築/プロダクトのための、Grasshopper クックブック 増補改訂版』(石津優子氏との共著、小社刊、2018 年)がある。

目次

なぜこの本が存在するのか
なぜHoudiniなのか
本書の対象読者
本書の動作環境
レシピのダウンロードについて

●Chapter 1:アルゴリズミック・デザイン
1-1 アルゴリズミック・デザインとは
1-2 デザインのモチーフの探し方
1-3 アルゴリズムの探し方
1-4 アルゴリズムの理解
1-5 Houdiniでアルゴリズムを実装する

●Chapter 2:アルゴリズミック・デザインのためのHoudini基礎知識
2-1 パラメータの登録
2-2 アトリビュートの基礎
2-3 VEXの基礎
2-4 Expression関数の基礎
2-5 For-Eachノードの基礎
2-6 Solverノードの基礎

●Chapter 3:レシピ編
01 Mandelbulb マンデルバルブ
02 Chladni Pattern クラドニ・パターン
03 Reaction Diffusion 反応拡散系
04 Diffusion-Limited Aggregation 拡散律速凝集
05 Iris 虹彩
06 Magnetic Field 磁場
07 Space Colonization スペース・コロナイゼーション
08 Curve-based Voronoi 曲線ベースのボロノイ
09 Differential Growth 分化成長
10 Strange Attractor ストレンジ・アトラクター
11 Fractal Subdivision フラクタル・サブディビジョン
12 Swarm Intelligence 群知能
13 Frost 霜
14 Edge Bundling エッジ・バンドリング
15 Snowflake 雪の結晶
16 Thermoforming 真空成形

レファレンス

Algorithmic Design with Houdini
Houdiniではじめる自然現象のデザイン

ISBN:978-4-8025-1102-5
定価:本体3,900円+税
仕様:B5判/320ページ

発売日:2019年04月24日

著者:堀川淳一郎
デザイン:松川祐子

 

関連書籍
カテゴリー
keywords