Built with Processing[改訂版]
デザイン/アートのためのプログラミング入門

正誤表
chapter 2
P.44:arcの説明 誤:arc(《左上角のx座標》,《左上角のy座標》,《描き始めの角度》,《描き終わりの角度》)
正:arc(《中心のx座標》,《中心のy座標》,《幅》,《高さ》,《描き始めの角度》,《描き終わりの角度》)
P.49 中 誤:colorMode(HSB, 100, 16, 16)
正:colorMode(HSB, 360, 100, 100)
P.49 コラム:色の階調とビット数 誤:…内部ではRGB各色16ビット(0—255)の階調で管理される。このRGB各16ビット約1,600万色の色階調は「16ビットカラー」と呼ばれて…
正:…内部ではRGB各色8ビット(0〜255)の階調で管理される。このRGB各8ビット約1,600万色の色階調は「32ビットカラー」と呼ばれて…
P.49:backgroundの説明 誤:background(《HTMLカラーコード》);
  ……HTMLカラーコードで色を指定
正:background(《16進数カラーコード》);
  ……16進数カラーコードで色を指定
P.50:strokeの説明 誤:stroke(《HTMLカラーコード》);
  ……HTMLカラーコードで色を指定
正:stroke(《16進数カラーコード》);
  ……16進数カラーコードで色を指定
P.51:fillの説明 誤:fill(《HTMLカラーコード》);
  ……HTMLカラーコードで色を指定
正:fill(《16進数カラーコード》);
  ……16進数カラーコードで色を指定
P.51:fillの説明 誤:stroke(《R》, 《G》, 《B》, 《透明度》);
正:fill(《R》, 《G》, 《B》, 《透明度》);
P.59 コラム:計算して代入 誤:より簡単に描く
正:より簡単に書く
P.62:list 2-6-a 誤:line(i, 50, i, width-50);
正:line(i, 50, i, height-50);
P.65 上 誤:list 2-6-aのプログラムでは、
正:list 2-6-cのプログラムでは、
P.65:list 2-6-d 誤:// 100回繰り返す
正:// 200回繰り返す
P.66 下 誤:for文によって四角が10個書かれているけど、
正:for文によって四角が10個描かれているけど、
P.83:imageの説明 誤:image("《画像ファイル名》", 《画像左上のx座標》, 《画像左上のy座標》);
正:image("《PImageオブジェクト名》", 《画像左上のx座標》, 《画像左上のy座標》);
P.83:imageの説明 誤:image("《画像ファイル名》", 《画像左上のx座標》, 《画像左上のy座標》, 《画像の幅》, 《画像の高さ》);
正:image("《PImageオブジェクト名》", 《画像左上のx座標》, 《画像左上のy座標》, 《画像の幅》, 《画像の高さ》);
P.84:tintの説明 誤:tint(《HTMLカラーコード》);
  ……HTMLカラーコードで色を指定
正:tint(《16進数カラーコード》);
  ……16進数カラーコードで色を指定
chapter 3
P.111:list 3-2-f 下 誤:rectMode(CENTER);
正:rectMode(CORNER);
P.112 図:円周と円周上の座標の関係 正:3-2-04_fig
P.119 コラム:minとmax命令 正:min命令
  min命令の解説はChapter3-4-3を参照
P.121 図:list 3-3-d実行中の画面 正:3-3-04_fig13-3-04_fig23-3-04_fig3
P.129:list 3-4-e 正:リスト中の「font」を「Font」に
P.130:list 3-4-f 正:リスト中の「font」を「Font」に
P.132:配列データの使用の説明 誤:配列arrayのインデックス0のデータを2倍して1番地に代入
正:配列arrayのインデックス0のデータを2倍してインデックス1に代入
P.133:list 3-5-a 正:リスト中のグローバル変数「font」を「Font」に
P.150 中 誤:前フレームの画面表示を連番の画像ファイルとして保存するという方法だ。
正:全フレームの画面表示を連番の画像ファイルとして保存するという方法だ。
P.154 図:pixels配列と画面の対応 正:3-8-01_fig
P.155:list 3-8-a〜本文中〜P.156 正:グローバル変数「sample」を「Sample」に
P.156 list 3-8-b〜本文中〜P.157 正:グローバル変数「source」を「Source」に、「comocomo」を「Comocomo」に
P.164-168 正:グローバル変数「camera」を「Camera」に(ただしcaptureEvent関数の中はそのまま)
chapter 4
P.171 上 誤:まずはellipseの命令を使って
正:まずはrectの命令を使って
Appendix 2
P.213 中 誤:int int_data = (int)Math.random();
正:int int_data = int(random());
P.213 中 誤:No field named "《変数名》" was found in type 〜.
正:No field named "《名前》" was found in type 〜.

  • 新刊・近刊
  • 3DCG
  • 2DCG
  • DTP
  • DTV、映像
  • DTM
  • データベース(サーバ)
  • 建築・CAD
  • Mac
  • Web
  • デザイン
  • 素材集
  • GAS
  • キャラクター・アニメ
  • トムソン
  • 実用・一般