本をさがす・検索する
キーワードからさがす:
DESIGN COMPUTING CRAFT

正誤表:MASTER OF Logic Pro X[改訂第2版]

下記のとおり、記載内容に誤りがございました。ご迷惑おかけいたしましたことを深くお詫びし、以下に訂正させていただきます。

初版第1刷
p.145 「エフェクトの使い分け」図版キャプション 誤:
左「主にセンド・エフェクトとして使用」/右「主にインサート・エフェクトとして使用」
正:
左「主にインサート・エフェクトとして使用」/右「主にセンド・エフェクトとして使用」
p.168
下から2行目
誤:
1.5小節以上のMIDIデータでないと、その前のデータは表示されません。
正:
1.5小節以上MIDIデータの空白部分があると、前の部分のデータは表示されません。
p.188
下から4行目(用語統一)
誤:
バッファ・サイズ
正:
バッファサイズ
p.247
ページ上図版内キャプション
誤:
Flexオン
正:
Flexを表示
p.263
下から2行目
誤:
以上で、ソフトウェア音源として「RetroSyn」がインサートされたソフトウェア音源トラックが作成されます。
正:
以上で、ソフトウェア音源がインサートされたソフトウェア音源トラックが作成されます。
p.324
NOTE
誤:
「Octabe Offset」
正:
「Octave Offset」
p.325
上から4行目
誤:
Drummerトラックはドラム専用のソフトウェア音源トラックで、それぞれのプロジェクト内にひとつだけ追加できます。
正:
Drummerトラックはドラム専用のソフトウェア音源トラックです。それぞれのプロジェクト内に複数のDrummerトラックを作成できます。
p.345
下から1行目
誤:
その場合にピッチなどが自動検出されます。
正:
その場合、ピッチの自動検出やループの設定などが行われます。