本をさがす・検索する
キーワードからさがす:
DESIGN COMPUTING CRAFT

正誤表:プロダクトデザイン[改訂版]

下記のとおり、記載内容に誤りがございました。深くお詫びし、以下に訂正させていただきます。

初版第1刷
p.023 表  「交通」行 「2030s」列 誤:
ドイツVWの新車が、すべて「つながる車」になる30
正:
電気自動車が本格的に普及32
p.023 表  「交通」行 「2030s」列 誤:
国産空飛ぶクルマ「スカイドライブ」発売31
正:
車の保有台数が半減(所有から利用へ)33
p.047 表 「02 活用促進・人材育成」 誤:
官知的財産戦略ビジョン」
正:
「知的財産戦略ビジョン」
p.051 図 「※画像ソースは JIDAミュージアムセレクションから引用。」を削除
p.076 右段本文 誤:
③広告宣伝昨日とも言われる「情報伝達機能」
正:
③広告宣伝機能とも言われる「情報伝達機能」
p.081 図「顧客満足度と物理的充足の関係」 誤:
変動要求(潜在要求)
正:
魅力品質(潜在要求)
p.090 右段本文 下 誤:
目標を明らかし、市場の条件、企業や商品シリーズの
正:
目標を明らかにし、市場の条件、企業や商品シリーズの
p.137 図「造形発想のプロセス」 誤:
情感(Emotion)
正:
情動(Emotion)
p.137 図「造形発想のプロセス」 誤:
ダイナミック、クール……
正:
ダイナミック、エレガント……
p.137 図「造形発想のプロセス」 誤:
シャープ、エレガント……
正:
(クール、和風モダン……)
p.147 図「Ten Usability Heuristics ニールセンの「ユーザビリティに関する10カ条の問題解決に役立つ知見」」 図の下に追記:
https://accessible-usable.net/2009/09/entry_090908.htmlより引用。
p.168 右段本文 誤:
発話思考法(第6章044参照)とプロトコル分析(第
正:
発話思考法(第9章073参照)とプロトコル分析(第
p.173 右段本文 誤:
使いやすさなど、5W2H(第4章033参照)を想定し
正:
使いやすさなど、5W1Hを想定し
p.214 右段本文 誤:
ム構造であり、プラスチック1体で造られたものは
正:
ム構造であり、プラスチック一体で造られたものは
p.221 KEYWORD「エンプラ(汎用プラスチックに対して)」 誤:
耐衝撃5kgf.cm/cm
正:
5kgf・cm/cm
p.223 図「テーパーとアンダーカット」 誤:
考慮しておく角度をテーパーといい。型の抜き方向に対して抜けな
正:
考慮しておく角度をテーパーといい、型の抜き方向に対して抜けな
p.229 図 右下 誤:
凹凸や風合いに関するもの 研磨
正:
凹凸や風合いに関するもの テクスチャ
p.229 図 右下 誤:
意匠価値を高めるもの 表面処理
正:
意匠価値を高めるもの 加飾
p.234 KEYWORD「PLA(Poly-Lactic Acid・ポリ乳酸)」 誤:
石油由来に変わる
正:
石油由来に代わる
p.235 見出し 誤:
その他の方式と今後の展開
正:
その他の方式