DESIGN COMPUTING CRAFT

正誤表:Processing ビジュアルデザイナーとアーティストのためのプログラミング入門

下記のとおり、記載内容に誤りがございました。訂正してお詫び申し上げます。

第1刷
p.059、1行目 誤:
「あとに」に結果を
正:
「あとに」結果を
p.101、コード7-32、下から2行目 誤:
line(0, mouseY, height, mouseY);
正:
line(0, mouseY, width, mouseY);
p.101、コード7-32、下から2行目 誤:
line(0, mouseY, height, mouseY);
正:
line(0, mouseY, width, mouseY);
p.190、下から3~4行目 誤:
上端をY座標1.0に、下端をY座標-1.0に
正:
上端をY座標-1.0に、下端をY座標1.0に
p.190、コード14-26、下から6行目~ 誤:
// Draw within new coordinate system
ellipse(0, 0, 45, 45);
// 原点に描く
ellipse(width/2, height/2, 45, 45);
ellipse(width, height, 45, 45);

正:
// 新しい座標系で描く
ellipse(0, 0, 45, 45); // 原点に描く
ellipse(width/2, height/2, 45, 45);
ellipse(width, height, 45, 45);

p.205、テキスト1行目 誤:
助けが必要にです。
正:
助けが必要です。
p.245、コード2行目~ 誤:
// ヒーローが壁を越えて進まないようにする
if (x < -r) {
 mode = 1;
 x = width-r;
}
if (x > width-w-r) { // 右の壁
 x = width-w-r;
}
if (y > height-w-r) { // 下部の壁
 y = height-w-r;
}
if (y < w+r) { // 上部の壁
 y = w+r;
}
// 部屋2へ移動
if (x > width+r) {
 mode = 2;
 x = r;
}

正:
// ヒーローが壁を越えて進まないようにする
if (x > width-w-r) { // 右の壁
 x = width-w-r;
}
if (y > height-w-r) { // 下部の壁
 y = height-w-r;
}
if (y < w+r) { // 上部の壁
 y = w+r;
}
// 部屋1へ移動
if (x < -r) {
 mode = 1;
 x = width-r;
}

p.247、コード19行目~ 誤:
// ヒーローが壁を越えて移動しないようにする。
if (gate == true) {
 if (x < gx+r+5) { // 門
  x = gx+r+5;
 }
} else {
 ・・・
}

正:
//ヒーローが門や壁を越えて移動しないようにする
if (gate == true) {
 if (x < gx+r+w) { // 門
  x = gx+r+w;
 }
} else {
 ・・・
}

p.309、6行目 誤:
右い傾いた
正:
右に傾いた
p.363、コード24-27、6行目 誤:
for (int i = 0; i < num; num -= 1) {
正:
for (int i = 0; i <= num; num -= 1) {
p.364、コード24-29、3行目 誤:
int a = 35; // 上部の横棒の半分の長さ
正:
int a = 35; // 上部の横棒の長さ
p.364、コード24-30、3行目 誤:
int a = 35; // 上部の横棒の半分の長さ
正:
int a = 35; // 上部の横棒の長さ
p.370、4行目 誤:
クラスをダイアグラムを書き、
正:
クラスのダイアグラムを書き、
p.436、コード28-21、下から2行目 誤:
west配列からeast配列にコピー
正:
east配列からwest配列にコピー
p.438、10行目 誤:
このサンプルは379ページに掲載
正:
このサンプルは380ページに掲載
p.439、テキスト1行目 誤:
次の例では、372ページに掲載
正:
次の例では、375ページに掲載
p.446 コード29-04、下から8行目~ 誤:
void draw() {
 image(images[bottomFrame], 0, 50);
 topFrame = (topFrame + 1) % numFrames;
 image(images[topFrame], 0, 0);
 if ((millis() – lastTime) > 500) {
  ・・・
 }
}

正:
void draw() {
 image(images[topFrame], 0, 0);
 topFrame = (topFrame + 1) % numFrames;
 image(images[bottomFrame], 0, 50);
 if ((millis() – lastTime) > 500) {
  ・・・
 }
}

p.477、テキスト2行目 誤:
gravityの値とforrceYの値を
正:
gravityの値とforceYの値を
p.517、コード32-19、void draw()の中の6行目 誤:
rotateY(angle);q // mouseXで回転
正:
rotateY(angle); // mouseXで回転
p.534、コード33-16、下から5行目 誤:
サムを描画
正:
バーを描画
p.534、コード33-16、2行目 誤:
バーを描画
正:
サムを描画
p.553、コード34-31〜34-34、size()について 誤:
size(arch.width, arch.height);
正:
surface.setSize(arch.width, arch.height);
p.559、テキスト4行目 誤:
stopDraw()は描画し終わった
正:
endDraw()は描画し終わった