本をさがす・検索する
キーワードからさがす:
DESIGN COMPUTING CRAFT

【トークイベント】『新世代エディターズファイル』刊行記念イベント 「これからの時代の編集」
影山裕樹+瀬下翔太(本屋ロカンタン)

ビー・エヌ・エヌでは、2021年3月に『新世代エディターズファイル 越境する編集ーデジタルからコミュニティ、行政まで』を刊行いたしました。この度の刊行を記念しまして、トークイベントが開されます。ぜひ振るってご参加ください。

【詳細】
「これからの時代の編集 ー拡張する「編集者」の定義ー」

  • 開催日時:2021年3月24日(水) 19:00〜20:30
  • 参加費:1,000円[店内ではワンドリンクつき]
    *書籍同時購入で400円引き
  • 定員:店内10席程度
  • 会場:本屋ロカンタン[インストア]/YouTube Live[オンライン]
  • 参加方法:
    詳細はこちらの、本屋ロカンタン様、イベントページをご確認ください。

 

【出演者プロフィール】

影山 裕樹 Yuki Kageyama
1982年、東京都生まれ。編集者、文筆家、メディアコンサルタント。まちを編集する出版社「千十一編集室」代表。アート、カルチャー書の出版プロデュース、ウェブサイトや紙媒体の編集・制作、執筆活動の他、全国各地に広がる地域×クリエイティブ ワークショップ「LOCAL MEME Projects」の企画・運営、ウェブマガジン「EDIT LOCAL」の企画制作、オンラインコミュニティ「EDIT LOCAL LABORATORY」の企画運営など幅広く活動を行っている。 著書に『ローカルメディアのつくりかた』(学芸出版社、2016年)、編著に『あたらしい「路上」のつくり方』(DU BOOKS、2018年)など。

瀬下 翔太 Shota Seshimo
1991年、埼玉県生まれ。編集者、ディレクター。NPO法人bootopia代表理事。慶應義塾大学環境情報学部卒業。2012年在学中に批評とメディアの運動体「Rhetorica」を開始し、現在まで同人誌やイベントの制作・編集を行う。2015年拠点を島根県鹿足郡津和野町に移し、地域おこし協力隊を経て、島根県立津和野高校に通う生徒が暮らす「教育型下宿」を立ち上げ。2019年より麻布 香雅堂が手がける新規事業、お香の定期便「OKOLFIE」に参画し、ブランディングや広報、マーケティングなどを支援している。