DESIGN COMPUTING CRAFT

BNNファンクラブ通信 vol.2 〜海外ブックフェアレポート〜 06.05.24

今回のBNNファンクラブ通信のテーマは、海外ブックフェア事情。
その様子を、好奇心旺盛度はBNNで一番の、編集部「スー」がはりきってレポートします。
みなさん、最後まで読んでくださいね〜♪

ーー・ーーーー・ーーーー・ーーーー・ーーーー・ーーーー・ーーーー・ーーーー・ーー

☆「スー」のロンドン・フランクフルトブックフェアリポート☆

みなさん、世界各地では、年間60以上もの国際的なブックフェアが開催されているのを
ご存知ですか?世界最大といわれる「フランクフルトブックフェア」や、子供向けの本を
中心とした「ボローニャ国際児童図書展」、日本では毎年7月に「東京国際ブックフェア」
が開催されています。

昨年3月、社長にお供して、私は初めて「ロンドンブックフェア」を訪れました。どこを
見渡しても本、本、本!!!たとえ理解できない言語で書かれていても、本好きにはたま
らない多種多様な本と、いろいろな人種や国の人々でごったがえす会場の雰囲気に圧倒さ
れ、あっというまの3日間でした。

その後、10月のフランクフルトブックフェア、今年3月のロンドンブックフェアと、こ
れまでに3度の国際ブックフェアを経験しましたが、ブックフェアの会場に足を踏み入れ
るたびに、いつも興奮と熱気に包まれます。そこで、今回は「BNNファンクラブ通信」の
場を借りて、ブックフェアの魅力(+おまけあり)をお伝えしようと思います。

ところで、ブックフェアとは何をするところなのでしょう?大小さまざまな出版社がブー
スを出して、世界各国から訪れる出版関係者と面談を行い、版権を売買したり、他言語版
との共同出版を相談するのがメインとなります。その他にも、各国の書店仕入れ担当者が
出版社と直接交渉したり、著者による売り込みや、印刷会社のブースもあり、本に関する
ビジネスなら何でもありなのがブックフェアといえます。個人的には、本の安売り直売が
あることを期待していましたが、実際には本の直売をしているブースはあまりなく、少し
残念でした。広い会場の中に所狭しと並んだ出版社のブースは、各社の特徴を全面に出し
た装飾で彩られ、とっても華やか。その合間を多くの人たちが埋め尽くし、まるでお祭り
のような雰囲気に、自然とテンションが上がります。

 
2005年ロンドンブックフェア。
広い会場は、端から端までたどりつくのに徒歩15分くらいかかります。

 
こちらは、2006年ロンドンブックフェア。
今年は場所がかわって規模がやや縮小したものの、熱気はかわらず。  

 
おしゃれなアート系の出版物が多いdie gestaltenのブース。
インテリアや本のみせ方も、とってもすてき。(2005年フランクフルトブックフェア)  

 
段ボールで作られたブース(2005年フランクフルトブックフェア)  

 
絵本の出版社。ラブリー♪(2005年フランクフルトブックフェア)  

 
同じく絵本の出版社のブース。大きなスマーフが!(2005年フランクフルトブックフェア)  
    
この他にも、出版社のキャラクターのきぐるみが歩き回っていたり、カジノが併設されて
いるブースがあったりと、1日中いても飽きません。フランクフルトブックフェアでは、
昔ながらの印刷機の実演や、ポスターの展示などもあり、気になるものが次から次へと出
てくるので、なかなか目的地までたどりつけないのが難点です。

 
活版印刷機の実演には、たくさんの人だかりができていました。(2005年フランクフルトブックフェア)  

このように、興奮しっぱなしのブックフェアですが、30分刻みのスケジュールで会場
にちらばるブースをまわり、10〜15社とのアポをこなしていると、夕方には時差ボケも
ピークに達し、さらに慣れない英語を使うので、体力・気力共に消耗してぐったりノ。
夜や自由時間には、ホテルでごろごろしていたい衝動にかられますが、せっかくなので、
がんばって外に出ます!!

ここからは、ロンドンのおすすめスポットをご紹介します。 

 
テムズ川沿いにある、ウェストミンスター宮殿。右の時計塔は有名なビッグベン。  

 
同じく、テムズ川沿いにあるデザインミュージアム。デザイン関連の書籍が充実したグッズショップもおすすめ。  

過去3回のブックフェアを通じての感想は「出版業界はまだまだ元気!」ということ。
出版不況といわれて久しい昨今ですが、世界にはこれほど多くの人たちが本に関わり、
日々よい本を生み出そうとしているんだということを、身をもって体験することで、訪
れるたびに本づくりへのエネルギーが満タンになります。

次回の報告をお楽しみに!!
 

ーー・ーーーー・ーーーー・ーーーー・ーーーー・ーーーー・ーーーー・ーーーー・ーー

ー編集後記ー
第2回「BNNファンクラブ通信」〜海外ブックフェアレポート〜 はいかがでしたか? 書
籍制作の舞台裏が、少しでもお伝えできたなら嬉しいのですが。次回は、7月発売予定の
新刊「Lifehack with Mac」に先駆けて、ライフハック実践術をご紹介予定です。

  □ご意見・お問い合わせ□
  BNNファンクラブ通信・BNNの書籍についての、ご意見、お問い合わせは
  book-news@bnn.co.jpまで。