DESIGN COMPUTING CRAFT

『Supergraphics』刊行記念トークセッションのお知らせ

Supergraphics 「スーパーグラフィック」とは、60年代から70年代初頭にかけて起きた建築上のムーブメントの名称です。そこでは特大サイズのグラフィックが建造物に施され、平面から立体、2次元から3次元という、空間感覚を変容させるような視覚的遊戯が、優れたデザイナーたちによって行われていました。

 本イベントでは、そのスーパーグラフィックの魅力と可能性を紹介しつつ、これからのアーキテクチュアとデザインの関係について語り合います。

■イベントタイトル
『Supergraphics – 空間の変容:壁面、建築、空間のためのグラフィックデザイン』出版記念
スーパーグラフィックとこれからのアーキテクチュラル・デザイン
■登壇者
瀧本 雅志(岡山県立大学デザイン学部准教授/本書訳者)×五十嵐 光二(アートマネージャー)×村田 純一(BNN新社編集者)
■日時:2011年10月22日(土)15:00~
■場所:MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店
■定員:40名
■参加費:500円
※書籍をご購入されなくても、参加費のお支払いのみでご参加いただけます。
■参加方法
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店にて整理券を配布します。参加費をお支払いの上、整理券をお受け取り下さい。詳細は、こちらのMARUZEN&ジュンク堂書店梅田店ホームページのトークセッション情報に記載がございますので、ご覧下さい。
■略歴紹介
瀧本 雅志(たきもと まさし)
1963年生。東京大学大学院超域文化科学博士後期課程満期退学。表象文化論、哲学。主な著書に、『ドゥルーズ=ガタリの現在』(共著、平凡社、2008年)、『建築と植物』(共著、INAX出版、2008年)、『表象のディスクール4』(共著、東京大学出版会、2000年)等、主な訳書にV.フルッサー『デザインの小さな哲学』(鹿島出版会、2009)等がある。
五十嵐 光二(いがらし こうじ)
1968年生。東京大学大学院総合文化研究科(超域文化科学専攻)修士課程修了。 美術史・表象文化論。主な論文に「ル・コルビュジエの初期批評における方法論」、「エンプティ・フェイス――近代都市計画の精神病理学」等、主な訳書にハル・フォスター『デザインと犯罪』(平凡社、2011)。
村田 純一(むらた じゅんいち)
1975年生。ビー・エヌ・エヌ新社副編集長。『Built with Processing』 『Quartz Composer Book』『たのしいCocoaプログラミング』『IA100』 『Beyond Interaction』『FORM+CODE』『Supergraphics』などを担当。