DESIGN COMPUTING CRAFT

『ウェルビーイングの設計論-人がよりよく生きるための情報技術』刊行記念トークイベント 渡邊淳司×ドミニク・チェン×緒方壽人

「ウェルビーイングの未来はどうつくるのか」

書籍『ウェルビーイングの設計論 人がよりよく生きるための情報技術』の刊行を記念して、本書の監訳者であり、日本的なウェルビーイングの実現に向けたプロジェクトにも携わる渡邊淳司さんとドミニク・チェンさん。さらに、2012年からTakramにて活動をされている緒方嘉人さんをゲストにお迎えし、トークイベントを開催します。

<詳細>

  • 日時:2017年3月9日(木) 20:00~22:00(開場19:30~)
  • 講師/ゲスト:
    渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部 主任研究員)
    ドミニク・チェン(株式会社ディヴィデュアル共同創業者/NPOコモンスフィア理事)
    緒方壽人(Takram)
  • 場所:本屋B&B
    世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
  • 参加費:1,500円+1ドリンクオーダー
    申し込み方法:以下の詳細ページをご覧下さい。
    http://bookandbeer.com/event/20170309_bt/

 

<プロフィール>

渡邊淳司(わたなべ・じゅんじ)
NTTコミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部 主任研究員。2005年 東京大学大学院 情報理工学系研究科 博士課程修了。博士(情報理工学)。人間の触覚の知覚メカニズム、感覚を表現する言葉の研究を行う。人間の知覚特性を利用したインタフェース技術を開発、展示公開するなかで、人間の感覚と環境との関係性を理論と応用の両面から研究している。近年は、学会活動だけでなく、出版活動や、科学館・美術館において数多くの展示を行う。主著に『いきるためのメディア』(編著、2010年(春秋社))、『情報を生み出す触覚の知性』(2014年(化学同人)、毎日出版文化賞(自然科学部門)受賞)等。文化庁メディア芸術祭 アート部門 優秀賞受賞(2009年)、アルス・エレクトロニカ・プリクス 入選(2004、2011年)、同審査員(2012年)。
http://www.junji.org/

ドミニク・チェン
株式会社ディヴィデュアル共同創業者、NPOコモンスフィア理事。博士(学際情報学)。IPA未踏IT人材育成プログラム・スーパークリエイター認定。「People will always need people」をモットーに多数のソフトウェア開発を行う。プライベートフォトメッセンジャー『Picsee』(Apple AppStore Best of 2015受賞)、編愛コミュニティ『シンクル』( Apple AppStore Best of 2016受賞)など。NHK NEWSWEB第四期ネットナビゲーター(2015年4月~2016年3月)、2016年度グッドデザイン賞・審査員「技術と情報」フォーカスイシューディレクターを務める。著書に『電脳のレリギオ』(NTT出版)、『インターネットを生命化する』(青 土社)、『フリーカルチャーをつくるためのガイドブック』(フィルムアート社)等。訳書に『シンギュラリティ』、『みんなのビッグデータ』(共にNTT出版)。

緒方壽人(おがた・ひさと)
Takram。東京大学工学部産業機械工学科卒業。岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー(IAMAS)、LEADING EDGE DESIGNを経て、2010年にON THE FLY Inc.を設立。2012年よりTakramに参加。ハードウェア、ソフトウェアを問わず、デザイン、エンジニアリング、アート、サイエンスなど、領域横断的な活動を行う。主な受賞に、2004年グッドデザイン賞、2005年ドイツiFデザイン賞、2012年文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品、2015年グッドデザイン賞特別賞など。
http://www.takram.com/