DESIGN COMPUTING CRAFT

【トークイベント】特別講義:ヨゼフ・ミューラー゠ブロックマンとグリッドシステム
佐賀一郎×小田雄太×青松基 モデレーター:吉田知哉

ビー・エヌ・エヌ新社では、『遊びある真剣、真剣な遊び、私の人生 解題:美学としてのグリッドシステム』を刊行いたしました。この度の刊行を記念しまして、本書監修・解題執筆者の佐賀一郎氏(多摩美術大学准教授)による特別講義を行います。ぜひ振るってご参加ください。

戦後を代表するスイス派の巨匠、ヨゼフ・ミューラー゠ブロックマン(以下、JMB)の仕事とその生涯、JMBが啓蒙したグリッドシステムについての講義を行います。講義の後半はパネルトーク形式で、アートディレクター・デザイナーの小田雄太氏(COMPOUND inc.)、青松基氏(Concent inc.)を交え、現代からの視点でJMBとグリッドシステムについて語ります。モデレーターは、担当編集者の吉田知哉氏(Concent inc. ex.BNN)。

受講者全員に、本講義用のレジュメ/スイス大使館提供の小冊子『Swiss Design Stories』を配布致します。

<詳細>

【日時】2018年07月11日(水)19:30~21:00

【場所】銀座 蔦屋書店 BOOK EVENT SPACE

【参加費】銀座 蔦屋書店オンラインショップにて、下記の対象商品いずれかをご予約・ご購入で参加いただけます。

・イベント参加券:1,000円/税込
・『遊びある真剣、真剣な遊び、私の人生 解題:美学としてのグリッドシステム』(ビー・エヌ・エヌ新社刊):3,456円/税込

※オンラインショップでの受付は2018/07/10(火)午前9時の受注分までとなります。

【ご注意】
※参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
※イベント会場はイベント開始の15分前から入場可能です。
※当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
※参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承ください。
※定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。
※止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。
※オンラインショップでご購入されたイベントご参加対象書籍はイベント当日のお渡しとなります。予めご了承ください。
※イベント詳細は、以下の銀座 蔦屋書店のサイトからもご確認いただけます。
https://store.tsite.jp/ginza/event/architectural-design/2661-1530430618.html

【登壇者プロフィール】
佐賀 一郎(さが いちろう)
デザイン史家、グラフィックデザイナー。多摩美術大学グラフィックデザイン学科准教授(美術博士)。
近代以降のビジュアルデザインとタイポグラフィに力点を置いたデザイン史を俯瞰的に研究。モダンタイポグラフィ/モダンデザインとはなにか?その現代的な意義・意味はなにか?なにが普遍的で、なにがそうでないのか?そこに時代を超えて通用する原理・原則はあるのか?そもそもデザインとは一体なにか?広い意味での造形芸術の文化的・社会的・個人的価値とは?こうした美学的な問いを探究。
共著『活字印刷の文化史』(勉誠出版、2009年)、訳・解説書『ウィム・クロウエル:見果てぬ未来のデザイン』(ビー・エヌ・エヌ新社、2012年)、監訳・解題『遊びある真剣、真剣な遊び、私の人生 解題:美学としてのグリッドシステム』(ビー・エヌ・エヌ新社、2018年)など。

小田 雄太(おだ ゆうた)
デザイナー、アートディレクター。COMPOUND inc.代表、machizu-creative inc.取締役。多摩美術大学非常勤講師。
2004年多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後にアートユニット明和電機 宣伝部、その後デザイン会社数社を経て2011年COMPOUNDinc.設立。最近の主な仕事として「NewsPicks」UI/CI開発、diskunion「DIVE INTO MUSIC」、COMME des GARÇONS「noir kei ninomiya」デザインワーク、Panasonic100周年事業「100BANCH」VI・サイン計画、DOTPLACE対談連載「デザインの魂のゆくえ」など。

青松 基(あおまつ はじめ)
アートディレクター。2006年、武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒。株式会社アレフ・ゼロ(現コンセント)で雑誌のエディトリアルデザインからキャリアをスタートし、月刊誌のアートディレクターを経て、現在はコンテンツ開発を中心とした企業の情報発信におけるアートディレクション・企画編集・デザインを手がける。企画立案からデザインまで、総合的に関わるアートディレクターとして活動中。自身の所属するコンセント社のクリエイティブディレクションを担当。

吉田 知哉(よしだ ともや)
編集者、クリエイティブディレクター。株式会社コンセント出版事業推進室室長。
ブルーノ・ムナーリの本たち』、『BOOKS ON JAPAN 1931‒1972 日本の対外宣伝グラフ誌』(共にビー・エヌ・エヌ新社)など、デザイン関連書を数多く手がける。グループ会社のビー・エヌ・エヌ新社前編集長。「一冊の本を売る書店」として知られる森岡書店銀座店の取締役・プロデューサー。
プロジェクトの入賞歴としては、米・ニューヨークTDC、独・iF デザインアワード、英・D&AD 、日・グッドデザイン賞/東京ADC賞などがある。