DESIGN COMPUTING CRAFT

【トークイベント】 『ART SCIENCE IS. アートサイエンスが導く世界の変容』刊行記念 アートサイエンスで考える、死とか愛とか社会とか
@MTRL KYOTO

ビー・エヌ・エヌ新社では、『ART SCIENCE IS. アートサイエンスが導く世界の変容』を刊行いたしました。この度の刊行を記念しまして、著者であり、アート&サイエンスを開拓する編集者・キュレーターとして活動する塚田有那氏と、京都を拠点に活躍するクリエイター、研究者らとのクロストークを開催します。

ゲストは、京都・木屋町で夜な夜な人間社会の行方を議論する「木屋町学会」の幹事であり、クリエイティブ分野で幅広く活躍する松倉早星、同じく「木屋町学会」幹事であり人工知能研究者の竹内孝、テクノロジーと人の新たな接点を生み出すテクニカルディレクターの池田航成の4人。アートサイエンスを起点に、これから人間観や社会はどう変わっていくのか!? ビール片手に語らいます。

【詳細】
・日時:2018年10月16日(火)19:00〜21:00(開場18:30〜)
・料金:1,000円 1drink付
 ※書籍『ART SCIENCE is. アートサイエンスが導く世界の変容』は会場で販売いたします。本体価格2,000円(税別)。
・定員:50名
・会場:MTRL KYOTOイベントページはこちらをご覧ください)
・ご予約方法:こちらの外部ページ(Peatix)よりお申し込みください。

【タイムテーブル】
18:30     開場
19:00-19:20  書籍紹介(塚田)
19:20-19:35  登壇者 自己紹介(松倉、竹内、池田)
19:35-20:30  クロストーク
20:30-21:00  質疑応答

【登壇者プロフィール】
・塚田有那(つかだ・ありな)
編集者、キュレーター。世界のアートサイエンスを伝えるメディア「Bound Baw」編集長。アート・教育・思考実験のプラットフォーム一般社団法人Whole Universe代表理事。サウンドアーティストevalaのプロジェクト「See by Your Ears」のディレクターとして海外展開を推進。2010年、サイエンスと異分野をつなぐプロジェクト「SYNAPSE」を若手研究者と共に始動。12年より、東京エレクトロン「solaé art gallery project」のアートキュレーターを務める。近著に『ART SCIENCE IS. アートサイエンスが導く世界の変容』(ビー・エヌ・エヌ新社)。
http://boundbaw.com/

・松倉早星(まつくら・すばる)
1983年 北海道富良野生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。東京・京都の制作プロダクションを経て、2011年末ovaqe inc.を設立。2017年7月より、 プランニング、リサーチ、クリエイティブに特化したNue inc設立。代表取締役就任。これまで領域を問わないコミュニケーション設計、プランニング、 戦略設計を展開し、 国内外のデザイン・広告賞受賞多数。木屋町学会幹事。
https://www.nue-inc.jp/

・竹内孝(たけうち・こう)
1985年 愛知県生まれ。人工知能研究の一分野である機械学習およびデータマイニングの研究者。時空間データ解析を専門とする。人工知能学会などから複数の受賞あり。SYNAPSE Lab.メンバー。木屋町学会幹事。

・池田航成(いけだ・こうせい)
テクニカルディレクター、エンジニア。大学で心理学を専攻後、基幹システムのエンジニアに。事業会社やプロダクションを経て独立。人とテクノロジーの接点でエモーショナルな体験を作るべく広告やエンタメ、スポーツやアートなど種々のプロジェクトに企画設計や実装、講師などで参画。テクノロジーを使った新しいお化け屋敷を作ったり子供も楽しめるフィジカルなアトラクションを作ったりしている。京都精華大学デザイン学部非常勤講師、株式会社闇テクニカルディレクター、株式会社ボタンテクニカルディレクター、クリエイターコレクティブSPEKTRA主催。
http://ikekou.jp

企画
主催 : 池田航成 / SPEKTRA
共催 : 一般社団法人Whole Universe
協力 : MTRL KYOTO