DESIGN COMPUTING CRAFT

図解で知る 欧文フォント100

数えきれないほど種類がある欧文書体の中から、使いたいフォントを効果的に選ぶのは難しいもの。本書は、タイポグラフィの専門家が定番欧文フォント100書体を厳選し、その特徴を図で解説した画期的な書体見本帳です。

ヒューマニスト・セリフ、ジオメトリック・サンズなど、15種類のスタイル別に100書体を分類し、1見開き1書体ずつ、書体の特徴を図で解説しています。各書体の由来、特徴、印象的な文字、効果的な使い方、類似書体がコンパクトにまとめられており、図鑑のように繰り返し使えます。欧文書体の細部を知ることで、自信を持って書体を選べるようになる究極の参考書です。

著者は、「Fonts In Use」「Typographica」など、欧文フォントの人気サイトを運営し、サンフランシスコにあるレターフォーム・アーカイブのエディトリアル・ディレクター&キュレーターを務めるスティーブン・コールズ。日本語版の翻訳は、『欧文タイポグラフィの基本』をはじめ、タイポグラフィ関連の翻訳経験豊富な田代眞理、監修は欧文書体を紹介するウェブサイト「TypeCache」を共同運営しているakira1975が担当。欧文書体の専門家たちが制作に携わった一冊です。

ISBN:978-4-8025-1137-7
定価:本体3,000円+税
仕様:B5判/256ページ

発売日:2019年11月27日

著者:スティーブン・コールズ
翻訳:田代眞理
監修:akira1975

著者プロフィール

著者 スティーブン・コールズ(Stephen Coles)
サンフランシスコにあるレターフォーム・アーカイブのエディトリアル・ディレクター&キュレーター。人気ウェブサイト「Fonts In Use」(https://fontsinuse.com)、「Typographica」(https://typographica.org)を運営している。書体会社FontShopの元クリエイティブディレクター。

翻訳 田代眞理
1990年代初めより、日英・英日の実務翻訳、校閲、編集に携わる。英文の書籍、冊子、報告書など出版物の制作にも多く関わり、欧米人編集者とのやり取りを通じて英文表記スタイルへの理解を深めるようになる。文章の見た目が読みやすさ、伝わり方に大きく影響するという体験をしたことから、組版にも強い関心を寄せている。近年では書体・タイポグラフィ関連の翻訳、公共サインの英語に関する記事執筆も行っている。 訳書に『ロゴ・ライフ』『欧文タイポグラフィの基本』(グラフィック社)、共著書に『英文サインのデザイン』(ビー・エヌ・エヌ新社)がある。

監修 akira1975
タイプキュレーター[TypeCache]。出版社勤務のかたわら、フォント販売サイト、MyFonts.comのフォーラム、WTF Forumなどで、フォントID(広告や雑誌、ロゴなどで使われているフォントが何かという質問に、回答すること)をしている。WTF Forumでの回答数、6万件以上。WTF Forumのモデレーターの一人。欧文書体を紹介するウェブサイト「TypeCache」を共同運営。『Typography』誌で連載を執筆。『定番フォント ガイドブック』(グラフィック社)、『目的で探すフォント見本帳』(ビー・エヌ・エヌ新社)を共同執筆。

目次

はじめに
本書の使い方
欧文書体用語集
文字の構造
書体の分類
各分類の主な特徴
Humanist Serif (ヒューマニスト・セリフ)
Transitional Serif(トランジショナル・セリフ)
Rational Serif(ラショナル・セリフ)
Contemporary Serif(コンテンポラリー・セリフ)
Inscribed/Engraved(インスクライブド/エングレイブド)
Grotesque Sans(グロテスク・サンセリフ)
Neo-Grotesque Sans(ネオグロテスク・サンセリフ)
Gothic Sans(ゴシック・サンセリフ)
Geometric Sans(ジオメトリック・サンセリフ)
Humanist Sans(ヒューマニスト・サンセリフ)
Neo-Humanist Sans(ネオヒューマニスト・サンセリフ)
Grotesque Slab(グロテスク・スラブ)
Geometric Slab(ジオメトリック・スラブ)
Humanist Slab(ヒューマニスト・スラブ)
Script(スクリプト)
Display(ディスプレイ)
索引

図解で知る 欧文フォント100

ISBN:978-4-8025-1137-7
定価:本体3,000円+税
仕様:B5判/256ページ

発売日:2019年11月27日

著者:スティーブン・コールズ
翻訳:田代眞理
監修:akira1975

 

関連書籍
カテゴリー
keywords